人事・賃金制度の作成

「人事制度は、なぜ必要なのでしょうか。」

人事制度は、「ヒューマン・リソース・マネジメント(人資源の管理)」と訳されています。簡単にいえば「人材資源の活用制度」という方がより適切だといえるでしょう。

つまり「人事制度を策定する」ということは、「人の持つ力を最大限に発揮させるための仕組みを作ること」に他なりません。

「従業員の持つ能力を最大限に発揮できるような制度が導入されていますか?」
一言でいえば、「従業員が必要な業務に専念できるような仕組み作りができているでしょうか?」

昨今では、育児休業後の職場復帰に対する制度、テレワークの導入、パンデミック対策など様々な労務対策が必要になっているため、人事に関する諸制度もその数に合わせての対応することが必要になってきます。
ですから、人事制度は一度、作ってしまえばそれで終わりではなく、時代と状況に応じて変化させる必要があります。

オリジナルの人事制度を確立させることは大切です。

人事制度は、企業の業種、規模、人数、経営状況など様々な状況を踏まえた上で策定する必要があります。

また、魅力あるオリジナルの人事制度を策定することは、現存社員の能力向上だけでなく、「優秀な人材の確保」にもつながると考えられます。

今後はいかにして「魅力ある企業を実現するか」という視点で人事制度を考えることが、ますます需要ではないでしょうか。

単に労務対策としての人事制度ではなく、「従業員を育てる企業」、「従業員に能力を発揮してもらえる企業」、「ここで働きたいと思われる企業」を目指して人事制度を確立した企業が、次世代に勝ち残っていくと考えています。

当事務所の対応地域は・・・
京都府大阪を中心にしておりますが依頼内容により全国対応も可能です。
また、従業員数や業種、法人か個人かは問いません
業務内容に関するお問い合わせは無料ですので、ご不明な点などがありましたらお電話メールにより、ご連絡下さい。

田原事務所電話番号

田原事務所メールアドレス

Pマーク取得しました

社会保険労務士法人田原事務所では平成28年より始まるマイナンバー制度に伴い、個人情報の取扱いに関する体制を強化しました。プライバシ―マークの取得は当事務所の管理体制が極めて厳格に管理していることを客観的に認められた証です。

PマークPマーク

プロフィール

代表の田原信孝です

田原事務所代表の田原信孝です

関西大学商学部卒業。大学卒業後、某大手トラックディーラーに就職し6年間営業を経験する。社会保険労務士事務所へと転職し業務をこなす傍ら行政書士、社会保険労務士を目指し共に一発合格する。資格を取得してから僅か3カ月後に田原事務所を設立。
現在は京都、大阪を中心に精力的に活動中!!

主な業務内容

・就業規則他、社内規程の作成及び相談業務
・労務管理(人事、賃金、労働時間)の相談業務
・社会保険、雇用保険、労災保険の代行及び相談業務
・公的年金の相談及び裁定請求手続き代行及び相談業務
・給与計算代行及び相談業務
・助成金・給付金の活用提案及び相談業務
・経営全般に関する提案及び相談業務
・行政書士関連業務及び相談業務

事務所から

誠心誠意お力になれるよう努めてまいります

誠心誠意お力になれるよう努めてまいります
社会保険労務士法人田原事務所では、法人、個人を問わず、会社の設立→各種許可申請→会計記帳代行→労務管理→社会保険、労働保険各種手続代行→各種助成金申請代行というようにトータル的に御社をサポートし、公私を問わず様々な悩みや相談にお答えしていけるように日々成長し続けてまいります。

是非一度、お声をかけてください。誠心誠意、お力になれるように努めてまいります。